信頼と実績のあるバストアップ法

【豊胸手術】は数あるバストアップ法の中でも一番有名な方法ではないでしょうか?

豊胸手術は胸を大きくしたという実績が他のバストアップ方法とは比べ物にならないほど多く、手術を受ける人の数は年々増えているというデータがあります。

豊胸手術は美容形成手術の一種で何十年も昔から行われているバストアップ法です。

豊胸手術と一言で言ってもその施術内容は数多くあり、その方法によって施術スピードや金額が変わってくるので注意しておきましょう。

一番有名なのは「胸にシリコンをいれる」ことによる豊胸手術ではないでしょうか。

ビューティクリニックや美容形成外科によって取り扱っている手術法の種類は変わってくるので、自分にとって負担とリスクの少ないものを賢く選択することが豊胸手術を受けるときには必要になってきます。

豊胸手術全般にあてはまる特徴は次のようなものがあります。

  • 手術の方法に関係なくある程度の金額が必要
  • 即日~2週間程度でバストアップが完了する
  • 自分の望みどおりのバストサイズを手に入れることができる
  • 胸の形やハリ、乳輪の大きさも自由にできる
  • 胸が傷つくことがある

この5点が豊胸手術全部に共通する特徴です。

豊胸手術ならではの魅力はやはり他のバストアップ法とは違いハリや胸の形を含めて自分の理想の胸を手に入れることができるという点です。

その分、こだわればこだわるほどお金がかかるという点だけはしっかりと把握しておきましょう。

2つの豊胸手術の注意点

豊胸手術はお金をかければ自分の思い通りの胸を手に入れるという魅力に加えて、他のバストアップ方法よりも早く胸を大きくすることができるという魅力があります。

そのため、年齢を問わず多くの女性から人気がありますが2つ注意点があります。

「財布と要相談」

豊胸手術は他のバストアップ方法と比べるとお金がかかりがちです。

もちろん、バストアップサプリだって単価は安いもののランニングコストがかさみますし、他の方法だって決して安いという訳ではありません。

しかし、豊胸手術は仕上がりの良さを求めれば求めるほどお金がかかってしまうということは把握しておきましょう。

「豊胸手術の方法選び」

豊胸手術の方法は色々ありますが、その方法を特徴を事前に踏まえた上で選ばないと胸を傷つけてしまう恐れがあります。

人気のある豊胸手術

バックプロテーゼ挿入

シリコンジェルや生理食塩水を胸に挿入する方法で、一番メジャーな豊胸手術方法です。

胸を思った通りの形や大きさにすることができ、効果も半永久的なことが特徴的です。

脂肪注入

おしりや太もものような脂肪の多い部位から脂肪を吸引し、胸に注入する方法です。

ある程度任意の大きさや形にすることができ、元々自分の体の部位なのですぐに体に馴染みますが、数年経過したら体内に吸収されてしまいます。

話題のコンデンスリッチ法も脂肪注入の派生です。

ヒアルロン酸注入

顔のプチ整形に使われるヒアルロン酸を使った豊胸手術方法で、主流となりつつある方法です。

お手軽かつ安価ですが、少ししかバストアップできず、また1~2年で体内に吸収されるという特徴もあります。